自家用衛星

便利な衛星を打ち上げて生活を豊かにしよう。

『自家用衛星』を使うと、建物の中を透視したり天気を自由に操るなど、色々なことが可能になります。

衛星だらけの未来

ドラえもんが住む未来の世界では、地球の周りを飛ぶ衛星は何百万個という数になっているんだとか。

それだけで空が真っ黒に埋め尽くされそうなものですが、未来の科学技術のおかげで極小化したコンピューターが活躍しているのです。

衛星を家庭でも気軽に打ち上げることができる『自家用衛星』が今回の主役です。

建物の中を透視する偵察衛星、音を拾うエコー衛星、狙った場所だけ好きな天候にする気象衛星など種類は豊富。

未来の自家用衛星

気軽に衛星を打ち上げることができる未来

ドラえもん17巻「自家用衛星」P116:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太が身を守るためのカクミサイル発射衛星(プラスチック弾)なんて独特なものもありますが、それらの衛星はすぐに落下してしまったのでした。

落下する衛星

大気圏で燃え尽きるのだろう

ドラえもん17巻「自家用衛星」P123:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

プライバシーのない未来

家庭で気軽に衛星を打ち上げる科学技術にも驚きですが、裏を返すと未来の世界ではプライバシーゼロの生活を余儀なくされるという意味でもあります。

自家用衛星を使われるとどこにいても何をしていても情報が筒抜けになります。

ひょっとすると衛星から身を守るためのシールド装置のようなものがあるかもしれませんが、コミックではそこまで触れられていません。

生活が豊かになるのは嬉しいのですが、肩身の狭い生活が待っていると考えると、手放しで喜べるものでもありませんよね。

ひみつ道具も衛星のおかげ?

自家用衛星に登場した『気象衛星』は、特定の場所の天候を好きな天気(雨とか晴れとか)に変えることができます。

一方、『お天気ボックス』も同じように天候を操るひみつ道具ですよね。

ひょっとするとお天気ボックスは未来の気象衛星を利用して天候を操っているのでしょうか?

もしそうだとすると、未来の衛星は時間を越えて作用する効果があるのかもしれませんね。

優れた科学技術が発達しているドラえもんの世界なので、何が起こっても不思議ではありません。



おすすめの記事