お金ぎらいになるキャンデー、あげたくなるキャンデー

食べるとお金が嫌いになるキャンデーと、食べるとお金をあげたくなるキャンデーを紹介します。

こういう役に立ちそうもないひみつ道具を持っていることも、ドラえもんの魅力の1つなのかもしれません。

パパとのび太の攻防

お小遣いを増やして欲しいのび太に対し、教育上の影響を考えて大金を渡したくないパパ。

両者の意見は平行線をたどり、結局はドラえもんに頼ることになります。

のび太をお金嫌いにさせる作戦を立てるパパ

のび太の教育を考えての決断

ドラえもん16巻「お金なんか大きらい!」P44:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太は『お金ぎらいになるキャンデー』を食べ、パパは『お金をあげたくなるキャンデー』を食べ、2人とも性格が真反対になってしまったのです。

お金をあげたいパパがのび太にお金を渡すと、お金嫌いののび太は恐ろしくなって逃げ回り、家の中ではドタバタ劇が巻き起こります。

のび太とパパのケンカ

道具の効果は絶大だ

ドラえもん16巻「お金なんか大きらい!」P47:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

普通に考えればお金は誰しも欲しいものですが、ひみつ道具を使えば人間の欲求さえもコントロールすることができるのです。

キャンデーを使うタイミング

一般的な生活を考えた時、お金は無いよりもあったほうがいいに決まっています。

のび太が食べた『お金ぎらいになるキャンデー』は用途が難しい道具の1つです。

子どもへの教育の一環として使うのはいいかもしれませんが、お金に対する嫌悪感が最大になるため、使うタイミングをはかる必要がありますね。

ドラえもんも察するべき

パパとのび太が同じタイミングでドラえもんに助けを求め、ドラえもんは効果が正反対のキャンデーを渡すわけですが、この時点でドラえもんも勘づくべきでした。

この2人が同時にキャンデーを使えば、パパがのび太を追いかけ回す結果になることは明らかなんですよね。

効果を十分に知っているドラえもんなら事前にこの事態を察知できたはずです。

ドラえもんの注意力の欠如も、のび太たちの騒動の一因といえるでしょう。



おすすめの記事