ねらったターゲットにこっそり落書きすることができる『らくがきじゅう』の紹介です。

バレずに地味〜にダメージを与えることができますよ。

スポンサーリンク

要領の悪いのび太

ジャイアンとスネ夫が壁に落書きしていたにも関わらず、近くを通りかかっただけで自分の責任にされてしまったのび太。

落書きを自分のせいにされるのび太

いつも貧乏くじをひくのはのび太

ドラえもんは仕返しのために『らくがきじゅう』を出します。

じゅう(銃)でターゲットを決め、スコープに写った写真に落書きをすると、それがそのまま本人の顔に表示される仕組みです。

スネ夫とジャイアンに仕返しの落書きをするのび太ですが、これがまたなかなかセンスがいい!

バレずにここまでできると、のび太本人もきっと楽しいでしょうね。

最後はすっかり満足したのび太なのでした。

見よ、のび太のセンス!

のび太がスネ夫に落書きをした時のこと。

しずかちゃんと楽しそうにおしゃべりに興じるスネ夫に、まずはほっぺたに一撃食らわせます。

スネ夫に落書きするのび太

まだまだかわいいものである

突然顔が汚れてしまったスネ夫は慌てて顔を拭きますが、今度はなぜか鼻毛(落書き)が生えてしまいます。

鼻毛の落書きをされるスネ夫

センスとタイミングがばっちり

スネ夫が顔を拭けば拭くほど落書きが増えてしまい、最終的には逃げ出してしまったのでした。

顔が落書きだらけになるスネ夫

見るも無残な姿に・・・

いやぁ落書きの内容といい、タイミングといい、完璧なのび太ですね。

こういういたずらにかけては、のび太の右に出る者はいないかもしれませんね。

離れた安全な場所から落書き

銃で狙いをつけさえすれば、離れた場所からでもバレずに安全に落書きすることができます。

のび太の場合はかなり近い場所からスネ夫とジャイアンにいたずらをしましたが、ここまで危険を犯さなくても大丈夫です。

のび太は射撃の腕前がプロ級ですので、まず狙いを外すこともないでしょう。

ちょっと気になる使い方

もしこうだったら・・・というシーンを想定した使い方を紹介します。

テレビで中継先が映し出されている時に、らくがきじゅうでテレビ画面を映してらくがきすると一体どうなるのでしょうか?

普通に考えればテレビ画面に落書きされるだけかもしれませんが、中継先の景色がスコープに表示されているため、ひょっとして中継先の場所に落書きされるのかも?と想像できます。

距離的な制約がないとすれば、家にいながら世界中のあらゆる場所に落書きできてしまうかもしれませんね。

おすすめの記事