カツオブシガム

未来のネコは大喜び!?

『カツオブシガム』をプレゼントしよう!

恋するドラえもん

ひょんなことから高級な白い家ネコのことが好きになってしまったドラえもん。

のび太の助けを得ながら白ネコに恋のアタックをしかけることにします。

ドラえもんは自分の恋のことになるとてんでダメになってしまうのがおもしろいですね。

数ある未来のネコ用品の中で出てきた1つが『カツオブシガム』です。

ドラえもんの恋の手助けをするのび太

恋はさっぱり苦手なドラえもんだ

ドラえもん27巻「恋するドラえもん」P25:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

実際にこれを食べる様子は描かれていませんが、食べるとカツオブシの味が広がるお菓子なのでしょう。

努力のかい虚しく、白ネコは別のネコに取られてしまい、ドラえもんの短い恋は終わりを告げてしまったのでした。

これはひみつ道具なのか?

カツオブシの形をしたネコ用のお菓子は現代でもたくさんあります。

それがあえてひみつ道具のポジションで登場したということは、現代のカツオブシガムにはない特別な魅力が秘められていると考えられます。

例えば、

  • 一度食べるとその人(ネコ)のことが好きになる
  • 食べても食べても無くならない
  • 設定を変えると味を変更することができる

などでしょうか。

ただのカツオブシガムであればドラえもんがわざわざ取り出すこともないでしょう。

それを想像するだけでも楽しいですね。

箱に入った高級品

ネコ用品にも関わらず、しっかりした箱に入っている『カツオブシガム』。

このことからよほど特別な機会に与えるものなのか、それとも贈答品として未来の世界で重宝されているのか、色々と想像が膨らみますね。



おすすめの記事