食べて約10分経つと、おならがメロディーとして流れる『音楽イモ』というひみつ道具の紹介です。

おならで演奏したり歌ったり・・・ちょっと下品な道具ですね。

スポンサーリンク

おならでメロディーを奏でる忘年会

スネ夫の家で忘年会とかくし芸をすることになったのび太ですが、何をすればいいか迷っています。

ドラえもんに助けを求めると、なんとドラえもんは口を閉じたまま「はとぽっぽ」を歌い始めたではありませんか!

音楽イモで歌うドラえもん

世にも不思議な光景

ドラえもん4巻「メロディガス」P118:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

秘密を聞いてみると、どうやら音楽イモを食べていたらしく、これを使えばおならでメロディーを流すことができるんだとか!

はじめは嫌がっていたのび太ですが、他に芸があるわけでなく、結局音楽イモを使うことに。

本当は一口食べるだけで十分なところを、イモをばくばく食べてしまったことが原因で、のび太のガス(おなら)は爆発寸前!

逃げるのび太をスネ夫とジャイアンが抑え込みますが、その衝撃でのび太のおならは暴発し、空へ飛んでいってしましました。

スネ夫のおしり探しにも大活躍

音楽イモは、何もかくし芸だけが使いみちではありません

だるま落としのように体の一部を取り外すことができるひみつ道具『だるまおとしハンマー』でスネ夫のお尻が行方不明になってしまったことがあります。

その時にスネ夫が音楽イモを食べ、メロディーの音を頼りにお尻を探したこともありました。

ギャグ要素たっぷりの音楽イモ

それにしても、おなら(メロディ)を我慢している時ののび太の様子はギャグ要素がたっぷりあります。

おならが爆発しないよう必死にボリュームを絞って歌う(おならをする)のび太ですが、その時の様子と、周りの反応がおもしろすぎます。

もう、おならを芸術化させたとしか言いようがありません。

歌詞が変わる

音楽イモで歌詞が変わる

匂いが漂ってきそうな一コマ

ドラえもん4巻「メロディガス」P122:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

あまりにもおならを我慢しすぎたことが原因で、おなら演奏の歌詞が変わっています。

本当は「ポッポッポ、ハトポッポ」が正しい歌詞ですが、「プップップ~、ハトブッブ~」になってますね。

音楽センスのあるしずかちゃん

しずかちゃんのヘ長調

さすがしずかちゃん

ドラえもん4巻「メロディガス」P122:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太の歌(おなら)を聞いて「ヘ長調ね」と言い切るしずかちゃん。さすがピアノを習っているだけありますね。

でもこれって「へ(屁)長調」とかけているのでしょうね。

匂いはじめる

匂いが漂う音楽イモ

雲行きが怪しくなってきた

ドラえもん4巻「メロディガス」P122:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そしてとうとう部屋中に広がりはじめるおならの匂い。女性陣はハンカチで鼻を抑えています。

ここまで来ると、のび太もさすがに限界を迎えます。

必死に歌って会場を沸かせたまではよかったものの、食べ過ぎた音楽イモのせいで台無しになってしまいました。

やはり使いみちはかくし芸か?

使い方を間違えなければ、某腹話術氏のような人形を使っての芸や、一人デュエットなどができそうですね。

宴会のかくし芸で使えば、盛り上がること間違いなしです。

用法・容量を守って楽しみましょう

音楽イモは、知らない人からすると本当に不思議なひみつ道具です。

口を閉じているのに、どうやって歌っているのか、誰もが興味津々です。

食べ過ぎるとのび太のように大失敗してしまうので、音楽イモを食べるときは用法・容量を守って決められた量だけ食べるようにしましょう。

おすすめの記事