自分の服に貼ると、自由に空を飛ぶことができる『空飛ぶワッペン』というひみつ道具です。

スポンサーリンク

鳥の形をしたワッペン。

これを貼れば、体がふわりと浮かび上がり、思いのままに空を飛ぶことができます。

空飛ぶワッペン

服は脱げないのか?

ドラえもん4巻「未来世界の怪人」P142:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

未来人が落とした四次元カバンを手に入れたジャイアンが、ごそごそとカバンをあさり、出てきた道具が空飛ぶワッペンだったのです。

空を飛びたい!人の願望を満たす道具

ドラえもんには、空を飛ぶひみつ道具がたくさん登場します。

シリーズでもお馴染みの「タケコプター」は、コミックだけでなく、大長編にもいくどとなく登場し、多くの人を魅了していますね。

空飛ぶワッペンもタケコプターも、どちらも空を飛ぶ目的は同じですが、実は性能に大きく差があります。

タケコプター

電池式、最大80㎞/hのスピードで連続8時間の使用が可能。

吸着盤かけん引ビームのどちらかで頭などに取り付けることが可能。

脳波をキャッチするため、自分が思い浮かべる方向へ自由に飛ぶことができる。

空飛ぶワッペン

ワッペンなのでシールタイプ。基本は胸であるが、貼れるとこならどこでも可能と思われる。

電池切れの心配はない。

スピードは不明であるが、タケコプターを着けたドラえもんから同じように逃げることができているため、ある程度のスピードで飛ぶことが可能と思われる。

ドラえもんから逃げるジャイアン

かなり小回りがきくようだ

ドラえもん4巻「未来世界の怪人」P144:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

電池切れの心配がない点では空飛ぶワッペンに分がありますが、シールのため、雨など天候不順の場合は不利ですね。

また、何らかの事故で服が脱げてしまう可能性があることを考えたら、安全面ではタケコプター、持続面では空飛ぶワッペンに分があると思います。

大長編では、ほぼ毎回タケコプターの電池切れ問題に悩まされてますが、空飛ぶワッペンを持っていれば、ある程度のことは解決できそうです。

でも、それをやらないのがドラえもんのいいところでもわり、悪いところでもあるのでしょうね。

大人の頭で考えれば「もっと効率的に道具を使えばいいじゃないか」と、やきもきすることがたくさんあります。

しかしそこは子どもに夢を与えるドラえもんのこと。

わかっていても敢えてやってないのでは?と考えてしまいますよね。

空飛ぶワッペンの問題点

詳しい情報が公開されていないため、憶測になる箇所がたくさんありますが、空飛ぶワッペンを使う上で注意したい点をまとめました。

服が脱げるかもしれない

衣服の上から身に着けると、服が伸びてしまったり、脱げてしまう恐れがあります。

ワッペンの効果が切れると危険

空中散歩中に空飛ぶワッペンの効果が切れてしまったり、故障してしまうと、使用者の生命の危機です。

これはタケコプターにもいえることですね。

落下時はゆっくり体が落ちるなど、未来の技術が使われていたらいいのですが。

重量制限は?

ワッペンがどれくらいの重さまで耐えられるか不安が残ります。

人の体は楽勝だとしても、車や大きな岩の場合はどうでしょうか?

舞台などで活躍しそう

空飛ぶワッペンは、服に貼ってしまえばタケコプターのように目立つものではありません。

そのため、舞台俳優さんがこっそり空飛ぶワッペンを使っておけば、浮かんだり高所から飛び降りる時でも自然な演技が可能です。

手品でも大活躍しそうなひみつ道具ですね。

見た目ではいっさいひみつ道具が見えないので、どうして体が浮かぶのだろうかと周りも不思議に感じるはずです。

おすすめの記事