うつしっぱなしミラー

対象物を指定するとその動きをずっと追い続けることができる『うつしっぱなしミラー』。

遠く離れた人でもリアルタイムで声と映像のやりとりができます。

ドラえもんたちの気遣い

のび太のクラスに天候してきたうらなりくんは、いつもどこか暗い表情のまま友だちと遊ぼうともしません。

うらなりくんは暗い

なかなか打ち解けることができない転校生だ

ドラえもん22巻「うつしっぱなしミラー」P133:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そんな態度だからあまり気に入られることもなく日々が過ぎていたのですが、ひょんなことからうらなりくんの家族の秘密を知ってしまうことに。

お母さんは病気で入院中、お父さんは船の船長でほとんど家に帰ってこないという中でふさぎこみがちになっていたんだとか。

ドラえもんとのび太は『うつしっぱなしミラー』で遠く離れたお父さんを写し、ミラーをうらなりくんにプレゼントします。

うらなりくんのお父さんは船長

驚いて当然である

ドラえもん22巻「うつしっぱなしミラー」P141:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

これでどこにいてもお父さんと会話することができ、元気を取り戻したうらなりくんは見違えるほど明るい性格になったのでした。

学術研究のための道具

『うつしっぱなしミラー』はアリや渡り鳥の生体を調べるために開発されました。

人が追い続けることができない動物を撮影しておけば、どこでもミラーで追いかけることができるのです。

現代のテレビ電話

うらなりくんのようにミラーを使えば現代のテレビ電話のように使えます。

今はスマホが普及しているのでテレビ電話も珍しいものでもなくなりましたが、電波の問題や料金を完全に無視して使うことができる『うつしっぱなしミラー』の方が一歩優秀ですね。

とはいうものの、自分の言動が絶えず相手に伝わってしまうので使い所が難しいかもしれませんね。



おすすめの記事