騒音のうるさい都会を離れて静かな場所でのんびりと過ごしたい・・・

しかし現代のこの世の中ではそういった場所を探すのはなかなか難しいものです。

今回は、そのような特定の条件に合う場所を探してくれる『場所をさがす機械』を紹介します。

※ひみつ道具の正式名称が不明のため、管理人が命名しました

スポンサーリンク

心やさしいのび太のプレゼント

のび太の家の近所で道路工事が始まり、騒音で日常会話すら出来ません。

あまりのうるささに押入れの中で寝ていたパパを見て、2人の結婚記念日のお祝いにパパとママをどこか静かなところへ連れてってのんびりと過ごしてもらうことにしました。

結婚記念日のプレゼントを考えるのび太

のび太の優しさ

ドラえもん7巻「山おく村の怪事件」P176:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

とはいえ、今の日本はどこにいっても人、人、人。

とてもじゃありませんが、ゆっくり静かな場所などあるはずもありません。

そこでのび太がドラミちゃんに頼んで出してもらったひみつ道具が『場所をさがす機械』だったのです。

希望の場所、さがします

条件を指定すると、それに合致する場所を自動的に探し、地図までプリントアウトしてくれる優れもの。

「景色が良くて静かなところ」というのび太の無茶振りに、機械もウーウーうなっていましたが、ようやく見つけた場所が高伊山の山奥村という所でした。

悩む機械

未来の道具でも悩むことがある

ドラえもん7巻「山おく村の怪事件」P178:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太もドラミちゃんも聞いたことがない場所でしたが、とりあえずどこでもドアで向かってみるのでした。

不便すぎて見放された村

山奥村についた2人。

そこは雪が積もり、古びた家が沢山ありますが、何故か人の気配がまったくありません。

一軒家に入ると床が腐っていたり蜘蛛の巣だらけ!

何とか掃除を済ませ、食料やテレビを持ち込み、パパとママをその古びた一軒家へと招待します。

パパいわく、この村はあまりにも不便で人々から見放された村とのこと。

雑誌で紹介されていた記事をパパが覚えていたんですね。

捨てられた村

2,3年放置されていたわりにはキレイな家

ドラえもん7巻「山おく村の怪事件」P183:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

今でいうところの限界集落に近い状態です。

高齢者が増え、経済的に立ち行かなくなった村からは人はどんどん出ていってしまうのです。

おそらく山奥村もそういう村の1つなのでしょう。

今でこそ『限界集落』という言葉で表現されて注目を浴びていますが、ドラえもんの連載当時からこのような村はすでに存在していたということです。

道具の詳細がわからない

今回使われた「場所をさがす機械」は正式名称は不明ですが、現代の地図アプリのようなものかもしれませんね。

難しい事を注文するとウーウー言い出してしまうのが特徴となっています。

かなり適当な条件でも探してくれますし、見つけたら即座に地図をプリントアウトする機能もあるなど、使ってみるとかなり便利な道具に思えます。

今回のお話の中では日本の村がセレクトされましたが、おそらく設定を変えることで世界中を対象にできると思われます。

地図が出ても、その場所まではあくまでも自力で辿り着く必要があります。

ドラえもんたちのようにどこでもドアがあれば便利ですが・・・。

でも旅そのものを楽しむんだ!と考えれば、旅行好き・探検好きな人にとってはある意味とても魅力的な道具といえるでしょう。

おすすめの記事