大災害が起こった時に備え、いつでも訓練できるひみつ道具が『さいなんくんれん機』です。

一種の幻覚を見せる効果があり、本人にとっては本物の災害のように感じますが、周りには一切被害が起こらず、本物の災害を想定した訓練が効果的に実施できます。

スポンサーリンク

暇だから災難を起こすドラえもん

退屈だとぼやいていたのび太を見て、ドラえもんはこっそり『さいなんくんれん機』を仕掛けます。

その名の通り、数々の災難を人工的に発生させるひみつ道具なのですが、対象者に災難の幻覚を見せる効果があります。

さいなんくんれん機にビックリするのび太

突然の災難には誰しも驚く

ドラえもん11巻「さいなんくんれん機」P76:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

本人にとっては本物の火事や洪水に見えますが、実害があるわけではないのでその点は安心。

ただし、いくら暇だからといって、遊び半分で災難を起こすドラえもんの行動はちょっとやりすぎの面もあるのではないでしょうか。

範囲を指定して災難を体験

『さいなんくんれん機』では、災難を発生させる範囲と種類を設定し、幻覚を引き起こします。

コミックではのび太の家の中を発生場所に指定し、ランダムで災難を発生させたため、たまたま家を訪問していたお客さんが散々な目に合いました。

さいなんくんれん機の被害を受けるお客さん

悲劇のお客さんである

ドラえもん11巻「さいなんくんれん機」P78:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

お客さんにとっては迷惑な話だったと思いますが、もしこれが本物の災難だった場合、この人は冷静な対応ができなかったということになりますね。

いざという時に対処するため、さいなんくんれん機をつかって対応に慣れておく必要があります。

訓練にもってこいのひみつ道具

技術が発達した未来の世界では、ひょっとすると大雨や地震は全てコントロール下にあるのかもしれませんが、災難は忘れた頃にやってきます。

未来でも有事に備え、さいなんくんれん機を使って定期的に訓練しているのでしょうね。

ビックリにも使えるが、乱用厳禁

さいなんくんれん機を使えば、大掛かりな道具を仕掛けることなくドッキリが可能です。

おびき寄せたターゲットに対してさいなんくんれん機を使い、地震・雷・火事などを引き起こすだけです。

当の本人は大パニックになりますが、あくまでも幻覚にすぎないので、実被害があるわけでもありません。

しかし、これを使ってドッキリを仕掛けすぎると慣れてしまう恐れもあったり、本当にこれまで災害の被害を受けた人からクレームが入る可能性もありますね。

こけおどしにもピッタリ

大長編にさいなんくんれん機が登場していれば、敵を混乱させる目的で使用可能です。

相手に大きなダメージを与えることはできないにしても、こけおどしの目的では十分な効果があるでしょう。

『のび太と竜の騎士』に登場する『こけおどし手投げ弾』よりも相手をひるませることができるでしょう。

リアルすぎてクレームにならないか心配

コミックで登場したように、あまりにも幻想がリアルすぎて、本人が警察や消防に通報してしまう恐れがあります。

さいなんくんれん機の被害を通報するお客さん

一瞬でこれだけ駆けつけてくれるご近所さんの頼もしさ

ドラえもん11巻「さいなんくんれん機」P78:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

周りにも迷惑をかけてしまうため、あくまでも訓練目的で使うのが懸命ですね。

おすすめの記事