透視スクリーン

地下から使うと地表の様子を透視することができる『透視スクリーン』。

地表から水源を確保する目的で使われました。

夢の地底国をつくろう!

ただの古井戸を地底国への入り口だと信じていたのび太は、自分の言動を現実にするために地下に地底国を作ることを決心します。

透視スクリーンを使うドラえもん

サラッと1コマだけ登場するひみつ道具

ドラえもん23巻「異説クラブメンバーズバッジ」P120:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

異説クラブメンバーズバッジとマイク』を使って地底国の存在を信じ、何もないだだっ広い地下の空間を理想郷へと作り変えるのです。

地表の山中湖から地下に水を引くためにドラえもんが用意したのが『透視スクリーン』。

これを使って山中湖の正確な位置を把握し、『強力岩トカシ』で岩盤を溶かすという荒技をみせるのでした。

山中湖は大丈夫なのか?

国の開発に欠かすことのできない水を確保する目的で山中湖から水を引いてきたのはいいのですが、果たして山中湖の水位に問題はないのでしょうか?

絶えず地下に水が流れ出るわけなので、いつか空っぽになってしまうようにも思えるのですが・・・。

地上→地下も可能?

今回登場した『透視スクリーン』は地下から地上の様子を見るために使われましたが、設定を変更することでその逆(地上→地下)の使い方も出来ると思われます。

地下の空洞を探したり埋まっているものの状態を確認するなど、本来はこっちの使い方のほうがスタンダードなのかもしれませんね。

あまり登場しないレアなひみつ道具

『透視スクリーン』はこの回の1コマのみ登場するレアなひみつ道具です。

ドラえもんにはこのように1回つかって二度と登場しない道具がたくさんあり、それらを集めてみるのも面白いかもしれませんね。



おすすめの記事