今の能力のままで過去に戻ってやり直すことができたら・・・

そんな夢を叶えてくれるのが『人生やりなおし機』です。

一見すると理想的な道具なのですが、調子に乗ると大変なことになってしまいます。

スポンサーリンク

のび太の人生のやりなおし

今の知識や体力のまま子どもの頃に戻りたい。

そんなのび太の願いを叶えるためにドラえもんが出したのが『人生やりなおし機』です。

今もっている能力はそのままに、人生の特定の時期にタイムスリップし、全く別の人生を歩むことができます。

小学四年生ののび太(10歳)が選んだのは4歳当時の自分に戻ることでした。

4歳ながら知能は小学二年生並みなので、周囲が驚く天才!として褒め称えられるのび太。

天才児のび太に驚く家族

天才児のび太、あらわる

ドラえもん15巻「人生やりなおし機」P107:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

将来は優秀な学者になること間違いなし!と意気揚々なのび太がタイムテレビで自分の未来を確認します。

するとそこには、今よりますますダメになった自分の姿でした。

天才ともてはやされたことをいいことに全く勉強しなくなったのび太は学力が低下し、悲惨な人生を歩んでいたのです。

勉強したことがないのび太

人生絶望しかない

ドラえもん15巻「人生やりなおし機」P112:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

この事実を知ったのび太は現代に戻り、勉強しなくても頭がよくなる機会を発明しようと勉強に精を出すのでした。

頭のよくなる機械を発明するために勉強を頑張るのび太

のび太の頑張りポイントは様々

ドラえもん15巻「人生やりなおし機」P113:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

人間の中身を変えるべき

幼少期に戻って一時的に天才になったのび太ですが、結局考え方はなまけものなんですね。

人生やりなおし機に頼りっぱなしののび太を見たドラえもんは「機械に頼らず、人間の中身を変えるべきだ」と強く諭します。

人間の中身を変えるべきというドラえもんの名言

人生論を説く、ドラえもんのありがたい言葉

ドラえもん15巻「人生やりなおし機」P110:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

さすがののび太も今回の結果には相当まいってしまったようですね。

このままではダメになる。だから行動しよう。

とても単純なことのように聞こえますが、実は行動を起こすのは相当難しいのです。

自分ごととして捉えることができたのび太は、今後もしっかり成長することでしょう。

パラレルワールドとして存在(予想)

人生やりなおし機で昔に戻ると過去が変わります。

過去が変われば未来にも影響が出そうなものですが、そこはパラレルワールド(並行世界)になると考えられます。

要するに、今まで通りののび太が生活する世界もあれば、天才児ののび太が生活する世界も同時に存在し、2つの世界は異なる次元で進んでいるという考え方です。

これに関しては明確な答えはありませんが、そう考えておくのが最も自然といえるでしょう。

タイムテレビとの組み合わせが優秀

『人生やりなおし機』と『タイムテレビ』はぜひセットで揃えておきたい組み合わせです。

のび太のように、未来がわかれば今を変えることもできます。

理想の人生を送るため、一緒に使いたいですね。

おすすめの記事